カイロを使って首を温める、冷ますを繰り返すと血流がよくなり、自律神経の乱れも整って、血圧が下がってくる

血圧が高い人には、首の筋肉が凝って硬くなっている、という特徴が見られます。首の筋肉が硬くなると、首から脳へと向かう血管が圧迫され、血流が悪くなります。それでも心臓は脳に十分な血液を送ろうとするので、心臓は圧力を高めます。

その結果、血圧が上がってしまうのです。また首の骨(頚椎)の周りには多くの自律神経が通っています。このため、首の筋肉が硬くなると、自律神経が乱れやすくなります。自律神経は血管や臓器の働きをコントロールする神経で、緊張しているときに優位になる交感神経と、リラックスしているときに優位になる副交感神経があります。交感神経が優位なときは血圧が上がり、副交感神経が優位なときは血圧が下がります。

首の筋肉が硬くなっているときは、筋肉が緊張しているので、交感神経が優位になつています。交感神経優位の状態が続くと血圧は下がりにくくなります。この首の筋肉の緊張をとるためにおすすめしているのが「首温め」。

いくつかやり方がありますが、今回はタオルと使い捨てカイロを用いる方法を紹介します。カイロを粘ったタオルを首に巻き、首の後ろを温めます。30秒温めたら、タオルをとって1分ほど冷まします。この温める、冷やすを3回線り返します。

温度差によるメリハリをつけることによって、首の血流が改善し、自律神経の乱れも整ってくるのです。なお首温めに使ったカイロを捨ててしまうのはもったいないので、それ以外の時問は腰などを温めるのに用いるとよいでしょう。

実際に最大血圧が180mmHG以上あった50代の男性が首を温めを続けたところ血圧が下がったばかりか、降圧剤を減らすことができ、今では薬なしで血圧を管理できるようになりました。なお、冬は寒暖差により血圧が急激に上昇することがあるので、首を冷やさないことも大切。自宅でも首が涼しいと感じる人は、カイロなしのタオルを首に巻いて、首の冷えを防ぐとよいでしょう。
用意するもの

  • フェイスタオル(1枚)
  • 使い捨てカイロ(1個)
  1. タオルにカイロを貼る
    タオルの真ん中あたりに使い捨てカイロを貼る
  2. 首の後ろを温める
    カイロが外側になるようにして首の後ろを30秒温める。
  3. タオルを外して冷ます。
    30秒たったらタオルを外して1分くらい冷ます。
  4. 2~3を繰り返す
    温める、冷ますを3回繰り返して1セット。朝、夕方など分けて1日2セット行います。

むくみや頻尿のある高血圧にはスイカ糖でシトルリンを摂取する

This entry was posted in 未分類.