庶民の味方「もやし」は血圧を下げ脳機能を整えるギャバが多く含まれる

もやしは、大腸ガンの原因になる便秘を改善してくれる

もやしは、古くは平安時代から、薬用の食品として食卓に上っていたと言われています。大昔から、ヘルシーな食品として認識されていたといっていいでしょう。現代においても、もやしは、さまざまな栄養素を含んでおり、健康にいい食品として注目を集めています。

そのもやしの健康効果についてです。もやしに含まれている栄養素には、どんなむのがあるでしょうか。まず第一に挙げられるのが、ビタミンCです。ビタミンCは、水に溶けるビタミンで、血管を強化したり、鉄分の吸収を促進したりする働きがあります。ビタミンCについての詳細はこちら。

そのほか、コレステロールを下げたり、動脈硬化を予防したりする効果もあります。また、肌のコラーゲンの形成にも役立つほか、優れた抗酸化作用もあることが知られているので、美肌効果も期待できます。

次に、もやしには、食物繊推も豊富に含まれています。食物繊維は、水に溶けるものと、水に溶けないものがありますが、もやしには、この両者の食物繊継が含まれています。いうまでもなく、食物繊准は、便秘解消に役立つ機能性成分です。

便秘は、さまざまな体の不調の原因ともなります。それだけではなく、便秘が続き、便の腸内での滞留時間が長くなればなるほど、大腸ガンになる危険性も無視できません。
もやしを食べることで便秘を解消できれば、大腸ガンのような病気の予防効最も期待できるでしょう。また、もやしには、カリウムも豊富に含まれています。カリウムは、心臓機能や筋肉機能を調節して、血圧を下げる効果があるミネラルの一種です。

アスパラの2倍量

これらが、もやしの主要な栄養素と考えられますが、現在のもやしの研究データからいえば、もやしには、ほかにも見逃せない栄養素がいぺっか含まれています。その1つが、アミノ酸の一種である、γ-アミノ酪酸です。これは、いわゆるギャバといィわれるもので、血圧を下げたり、療神を安定させたりする作用があります。.さらに、脳機能を改善する作用もあるとされていま丸。次に挙げるのは、アミノ酸の1つであるアスパラギン酸です。

アスパラギン酸は、スタミナをつけたり、疲労を回復させたりする効果があります。その名前から連想されるように、アスパラギン酸を多く含む野菜として、アスパラガスがあります。

ですが、もやしの含有量は、100グラム当たりで比較して、2倍にもなるのです。ですが、マメの段階では、ビタミンC やアスパラギン酸、γ-アミノ酪酸は、ほんのわずかしか含まれていません。

もやしは、95% が水分で構成されており、マメから発芽してもやしになるときに新たに栄養素がたくさん生成されます。その際に、ビタミンCやビタミンA、アスパラギン酸やγ-アミノ酪酸などがふえてくるのです。

ちなみに、もやしは、漢字でもは「萌やし」と書きます。植物の種を土にまくと、やわらかな芽が出てきます。もともと、この状態にある植物を総称して、「萌やし」といっているのですが、この言葉は、若い芽がぐんぐん伸びていく様子を表しています。

まさに、マメがこのように芽ぶくとき、ビタミンC やアスパラギン酸、γ-アミノ酪酸など、いろいろな栄養が一気に増加していくのです。

ところで、もやしには、大まかに分けてブラックマッペ、緑豆もやし、ダイズもやし(マメもやし)の3種類があります。その種類によって、含まれる栄養素の両も、多少違っています。カリウム、ビタミンB1、食物繊維などは、ダイズもやしが最も多く、ビタミンCが最も多いのは、ブラックマツペです。なお、ビタミンC やビタミンB1などは、加熱されると壊れてしまいます。ですから、もやしを加熱するときは、ゆでるにしても炒めるにしても、できるだけ手早く行うことが肝心です。

ゆでるなら、熱いお湯で、さっと短時間でゆでましょう。ともあれ、もやしは、それ自体が淡泊な、あっさりした食品です。いろいろな調味料や食品と組み合わせる工夫をして、ぜひ、ご活用ください。

血圧の高い方は、積極的に食物繊維、カリウムを摂取して降圧剤なしで下げてしまいましょう。調理の時の塩分には注意しましょう。

脳を整えるギャバだけがほしい人はこちら
>>>完熟トマトには脳神経や血管のリラックス栄養「ギャバ」が豊富

高血圧を予防する食品 2 Comments

イライラを解消する活泉水は、血圧上昇によるくも膜下出血を防ぐ

水は、新陳代謝を活発にしてイライラを解消し、血圧が上がるのを防いでくれます。若いうちは血圧を心配する必要はないと思い込んでいる人も多いのですが、実際は20~30代でも血圧の上昇で命の危険にさらされる場合があります。若い人の突然死が増えているのもこうしたことによるものと思われます。

なかでも、激しい頭痛と吐き気を伴うくも膜下出血は、何の前触れもなく起こってそのの突然死、過労死の原因となりやすいものです。くも膜下出血は、脳の血管にできた動脈痛が破れて、脳を保護しているくも膜の下(脳の表面とくも膜の間) に出血するものです。脳卒中とは?はこちら

「かつて、くも膜下出血は先天的な異常によって脳のまわりの血管に動脈癌ができ、そこに圧力がかかってなるものと考えられていました。しかし、最近では血圧が上がると脳血管の弱い所に圧力がかかって動脈癌ができるということがわかっています」

高血圧は、加齢と塩分過多がおもな原因と思い込んでいる人も多いのでが、若い人の場合はストレスによるものが非常に多く、ふだんから忙しくて休む暇がないような人にくも膜下出血が起こりやすいのです。

したがって、働き盛りの世代は疲れを溜め込まないよう心がけることが大切です。水は、疲労軽減にも役立ちます。

「水分摂取によって新陳代謝を活発にし、血圧の上昇を防ぐことができます。そうした意味でも、積極的に水分を摂ることが命を守ることにもなるのです。

水分を摂ると即座に脳へ働きかけて利尿を促し、新陳代謝が活発になる。その結果、体内に溜まった老廃物や疲労物質が素早く排出されます。これによって疲労感やストレスが軽減するため、水分を積極的に摂ることは高血圧や脳出血、くも膜下出血などの予防に役立ちます。

毎日仕事などが忙しく、ストレスが溜まっている人ほど血圧が高くなりやすいので、積極的に水分を摂るようにしていただきたいと思います。

ちなみに摂取する水分は、やはり真水がベストです。緑茶やコーヒー、アルコールなどは利尿作用に優れているので、こうしたものばかり飲んでいると逆に水分不足になってしまいます。その点、真水の利尿作用はそこまで極端なものではないので、ほどよく代謝を活発にしてくれるます。

仕事に追われているときは食事や睡眠さえ不規則になりがちだが、そんなときこそ水分補給で、フル回転している頭や体をクールダウンさせることがとても重要です。

大学の研究で実証された、高アルカリ天然温泉水 桜島 活泉水で体内の毒素を排出
URL:https://mineralwater-guide.net/contents/archives/1879

高血圧を予防する食品 Leave a comment

高血圧の原因になる便秘による毒素は「へそさそり」

便秘が脳卒中の原因になることも!

誰でも一度は便秘に悩まされた経験があるはずです。「便が1週間も出ない」、「おなかが張って苦しい」と悩みを訴える人は少なくありません。

便秘体質は高血圧を招く原因の1つとされています。また、高血圧の人にとつて、便秘は脳卒中を引き起こすきつかけにもなりかねません。

排便時に力むと、血圧が正常な人でも、最大血圧が瞬時に60~70mmHGも上がることがあります。便秘のせいで強く力めば、血圧はそれ以上に上昇します。

そのため、便秘と高血圧を併発すると、排便で強く力んだときに血圧が急上昇し、脳の血管にも圧力がかかり、脳卒中を起こす危険が高まります。

また、便秘が慢性化すると、体内の悪玉LDLコレステロールや活性酸素が増加します。いずれも動脈硬化の重大な原因となり、高血圧を招いてしまうのです。

さらに、便が腸に長くとどまると、異常発酵を起こしてインドール、スカトール、アンモニアといつた毒素が発生します。これらもまた、全身の血管に悪影響を及ぼし、動脈硬化の原因となるのです。

このように、便秘は百害あって一利なし。高血圧の改善には、便秘体質を改善することが大切なのです。

そこで、便秘体質の人におすすめしたいのが、腸の蟻動運動を活発にしてスムーズな排便を促す「ヘソさすり」です。

ヘソさそりは腸内の善玉菌を活性化させる

食べ物は、小腸で栄養分が吸収されたあと、残りのカス(便)は大腸に送られます。大腸に送られたばかりの便はまだころころした固形ではありません。水分を多く含んでドロドロしています。

どろどろの便は、体の右側に位置する上行結腸→横行結腸→S状結腸、直腸を通って肛門から排泄されます。

便は下行結腸へと進むうちに水分が粘膜に吸収され、しだいに固形へと変化します。この大腸の一連の運動が、蠕動運動というわけです。

ヘソさすりは、おなかの上から大腸の上行結腸→横行結腸→S状結腸の順に、手でグルグルとなぞる体操です。

便の流れに沿って円を描くようにおなかをなぞると、大腸が温まって血流がよくなります。それにより、腸内に住み着いて排便を促すなど体にいい働きをしている善玉菌の働きが活性化され、大腸の蠕動運動がより活発になると考えられます。腸の善玉菌には、腸が温まると増える性質があるからです。

手のひらを温めて朝、夕と2回行う

へソさすりのくわしいやり方は、次のとおりです。まず、ヘソさすりを行う前に10秒ほど手をこすり合わせてください。これは、手のひらを温めるために行います。

次に、右手のひらで上行結腸から順におなかをさするさいは、肌が1~2cm沈むくらいの力加減でゆっくりと行います。

なぞるときのカが弱いと、奥のほうまで十分な刺激が届かず、大腸がさほど温まりません。

ヘソさそりでも便秘が改善しないのなら水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランスがいい「イサゴール」で腸内の老廃物を排泄し、血圧を安定させましょう。

治療 Leave a comment

血圧を下げる効果抜群の「発酵黒豆エキス」は血糖値、コレステロール、中性脂肪も下げる万能飲料

高血圧、糖尿病を加速させてしまう内臓脂肪をしっかり燃やす

血圧や血糖値、コレステロール値などは、加齢とともに高くなり、それとともに生活習慣病の原因になります。この傾向に大きく関係しているのが、肥満です。

肥満は、「皮下脂肪型肥満」と「内臓脂肪型肥満」の2つに大別できます。そのうち、生活習慣病の誘因となるのが、内臓脂肪型肥満です。

内臓脂肪型肥満は、食べ過ぎや運動不足により、内臓の周りに脂肪がつき、おなかが出てくるのが特徴です。たとえば、スレンダーでやせ型の晋通体型の人でも、おなかがポッコリと出ていれば、内臓脂肪型肥満の可能性はあります。

内臓の周りに脂肪が蓄積すると、血中脂肪が多くなります。すると、血液がどんどんドロドロになり、心臓が血液を送り出すときの圧力が高くなります。

その圧力で血管が傷つかないように、血管の壁が厚く、硬くなり、動脈硬化が起こります。

動脈硬化になると、さらに強い圧力で血液を送り出さなければならないので、血圧はさらに上昇。こうして、高血圧の負のスパイラルに陥るのです。

また、内臓脂肪が蓄積すると、糖尿病も発症しやすくなりさらには、血中脂質が多くなれば、血管の内側に付着し、血管の幅を狭め、ついには血管をふさぐことがあります。このような血管の詰まりが脳で起これ脳梗塞、心臓で起これば心筋梗塞となり、命にかかわる危機に直結してしまいます。

内臓脂肪をためないためには、食生活を見直したり、生活の中で運動を心取り入れる習慣が必要です。しかし、忙しい現代人が生活習慣を改めるのは、そう簡単ではありません。この点からおすすめなのが「発酵黒豆エキス」です。

黒豆には、内臓脂肪を撃退し、生活習慣病を予防する働きがあります。では、黒豆にはどんな成分が含まれ、どんな働きをするのでしょうか?

黒豆の効果

アントシアニン

アントシアニンは様々ですが、黒豆の皮に含まれるアントシアニンの9割以上は、シアニジン-3 グルコシドというものです。アントシアニンの中でも特に強い抗酸化作用を持っています。

たんぱく質

黒豆に含まれるたんばく質には、体に欠かせない必須アミノ酸がバランスよく含まれています。こうしたアミノ酸には、エネルギー代謝を向上させ、脂肪を燃えやすくする働きがあります。

オリゴ糖

腸内の善玉菌を増やし、腸内の環境を整えて便通を改善するとともに、脂肪や糖分の吸収を抑えます。

ビタミンB群

糖や脂質の代代謝を促進し、脂質を分解してエネルギーに変えます。

リノール酸

血中のコレステロールを減らし、血流を改善し代謝をアップさせます。

イソフラボン

女性ホルモンのような働きをするので、更年期障害や骨租髭症、乳ガンの予防に役立ちます。

このように、黒豆には、内臓脂肪を減らすのに役立つ成分、健康増進にいい成分がぎっしりと詰まっています。その黒豆を、麹菌で発酵させることで、パワーアップさせているのが発酵黒豆エキスなのです。

発酵黒豆ドリンクの使用感と効果(血糖値、血圧、コレステロール)http://k-drink.sblo.jp/

特に注目すべきは、発酵の段階でアミノ酸とクエン酸が豊富に産生されていたことです。

アミノ酸は、発酵により、たんばく質が分解されたために、一般の黒酢の2倍以上のアミノ酸が含まれていました。アミノ酸は、血管や内臓の新陳代謝に不可欠な成分。血流を促進し、体の代謝を向上し、内臓脂肪の解消に役立ちます。

クエン酸は、エネルギーを生み出す化学反応、クエン酸サイクルをスムーズにします。その結果、代謝がアップし、糖や脂質を効率よくエネルギーに変換できるようになります。過剰な内臓脂肪や中性脂肪などが代謝されるため、肥満解消につながります。

発酵黒豆エキスは、内臓脂肪型肥満の解消に最適です。個人差はありますが、多くの人は、飲み始めてから3ヶ月くらいで「ポッコリ出ていたおながベタンコになった」と実感するようです。また、血糖値や血圧、コレステロール値、中性脂肪値が改善したという声も多数寄せられてます。

高血圧を予防する食品 Leave a comment

【体験談】200mmHGを超える高い血圧が手足ぶるぶる体操を1週間続けたら正常値までもう一息

高血圧と一緒に動脈硬化も改善がみられた

あおむけに寝て、両手両足を垂直に上げてブルブルと震わせる「手足ぶるぶる体操(毛管運動)」には、手足の毛細血管を拡張させて、高血圧を短期間で改善する効果があります。実際に、手足ぶるぶる体操で頑固な血圧が下がった人がたくさんいます。
手足ぶるぶる体操のやり方はこちら
やり方はとても簡単なので是非、血圧が高い人は1日2回実践してほしいと思います。

私は、わずか10メートル歩いただけでぜいぜいと息が切れるほどの症状でした。心電図検査や心エコー検査で調べたところ、心臓に栄養や酸素を供給する冠動脈がつまりかけており、狭心症を患っていることが判明しました。血圧は最大血圧が220mmHG、最小血圧も110mmHGに達していました。かなり重度の高血圧だと言われました。

狭心症を改暮するためにも、まずは血圧を正常値までさげなければいけません。

手足ぶるぶる体操を毎日、朝晩2回ずつ行いました。

すると2週間後には、血圧は最大が140mmHG台、最小が80mmHG台にまで下がっていました。ゼイゼイと息が切れることもなくなっていました。手足ぶるぶる体操の効果を実感したこともあって毎日行いました。そうして2ヶ月後、血圧は以前とほぼ同レベルの最大140mmHG台、下が80mmHG台で安定していました。私にとって重要な点は、狭心症が解消されていたことです。これは手足ぶるぶる体操により、高血圧の原因となっている動脈硬化が改善されたということだと理解しています。

誰でも出来る手足ぶるぶる体操で狭心症が改善されて本当に嬉しく思っています。

体験談 Leave a comment

【体験談】頑固でなかなか下がらなかった血圧がL-シトルリンで正常化

思えば血圧は学生時代から高め安定だった

血圧というとお腹のでてくる中年のおじさんたちが気にする症状で完全な生活習慣病ですが、私の場合、学生時代から高めでした。他の病気もなかったので特に心配していませんでしたが中学の健康診断で医師に注意するようにとやや強めの口調で言われたのは今でも覚えています。

その後も、社会人になってからも健康診断のたびに高血圧を指摘され、30代になるとなんらかの対策をが必要であると真剣に考えるようになりました。血圧を下げるためには、減塩やカリウムの多い野菜や果物をたくさん食べて尿にナトリウムを排泄する、イライラした生活をしない…など定番のことはやってきましたが、なかなか下がりませんでした。

あるとき、スイカの成分であるシトルリンについて耳にして興味がわきました。高血圧にシトルリンが役立つことを図書館の本で調べて知りました。そして、シトルリンの栄養補助食品を購入し、毎食後に飲みはじめました。

最初に現れた体の変化は、足のむくみが消えたことです。私の仕事は事務でデスクワークですが、夕方になるとふくらはぎがパンパンにむくんでしまいました。しかし、シトルリンをとりだしてからトイレの回数が増、え、以前ほど足のむくみが気にならなくなつたのです。とにかくトイレの回数が増えたのが一番の変化でした。

また、むくみの改善に伴って体重も少しずつ減りだし、2ヶ月後には3.5キロもやせていました。

血圧も正常値に

さて、肝心の血圧ですが、その年の健康診断では、早くも最大血圧の値が正常になりました。さらに翌年には、上も下も正常域に収まり、最大血圧はなんと120mmHG台に。それから現在までの約5年間、ほとんどの健康診断で正常域を維持しています。

シトルリンをとつてから体の水の循環がよくなったのだと思います。そのせいで血圧・体重ともに下がりました。ただし、結婚して食生活が変わつたのをきつかけに一時期、血圧が上がり、体重も増えてしまったのですが、血圧だけは再び正常に戻っています。

高血圧が改善したのはシトルリン食品のおかげですから、現在も毎日とりつづけています「次は、結婚してから増えた体重を減らすためのダイエットをがんばらないといけません。

L-シトルリンの効能、効果はこちら。

体験談 3 Comments

降圧剤にも匹敵するほどの効力がある「酢」

血圧の上昇を抑える酢の作用

酢には、疲労回復や食欲増進に効果をもたらし、動脈硬化を予防するクエン酸のほか、降圧薬の一種・カプトプリルにも匹敵する働きがあることが明らかにされています。私たちの体内では「アンジオテンシンⅠ」という物質が作られますが、これにアンジオテンシン変換酵素が働きかけると、血管を収縮させて血圧を上昇させる「アンジオテンシンⅡ」という物質が作り出されてしまいます。酢は、アンジオテンシン変換酵素の働きを阻害することによってアンジオテンシンⅡ の生成を抑え、血圧の上昇に歯止めをかける力があるのです。

肥満防止や利尿作用も

酢には赤血球をやわらかくして、血液をサラサラにし、便秘や冷え性を改善する働きもあります。また、酢は脂肪の合成を抑える働きもあるため、体脂肪の蓄積を予防して肥満防止に役立ちます。このほか、利尿作用を高めてくれるのも酢の利点。利尿作用が高まれば、血圧の上昇をもたらすナトリウムの排泄が促され、高血圧の改善につながります。

黒酢で健康パワーアップ酢は、できれば黒酢を選ぶのがいいでしょう。食事の味付けも酢をうまく活用することで塩分を減らすことができます。酸味を利用するがポイントです。日頃から酢を飲む習慣をつけると、酸味がない食事は物足りなさを感じるようになります。
ここまでくると、酢の虜ですからしめたものです。酢はどんなに酸っぱいものを飲んでも食べても塩分は全くないので安心です。体もアルカリ性になるので健康効果も期待できます。

食事療法 2 Comments

カテキンが抗酸化作用と降圧作用を発揮する「緑茶」

緑茶のカテキンによる作用

食事のおともやくつろぎのティータイムなど、お茶は私たちの日常生活において欠かせない大事な噂好品ですが、そればかりでなく、健康面においても大変重要な働きをもたらしてくれます。たとえば、緑茶に含まれるカテキン。カテキンは、渋味成分であるタンニンの一種で、強力な抗酸化作用をもっています。それに、小腸内で余分なコレステロールと結びついて排泄する働きがあるため、コレステロール値を下げて動脈硬化を予防してくれます。また、食後に緑茶を飲めば、口臭や虫歯の予防に役立ちます。

カチキンが血圧の上昇を抑制

緑茶に含まれるカテキンは、血圧の上昇を抑える働きもあります。血管の内皮細胞には、アンジオテンシン変換酵素という物質が含まれています。これが「アンジオテンシンⅠ」という物質に作用すると、血管を収縮させる「アンジオテンシンⅡ」という物質が作り出され、血圧の上昇が促されます。
カテキンは血圧の上昇を誘発するアンジオテンシン変換酵素の働きを抑制し血圧の上昇を抑制します。

ビタミンCなどの抗酸化成分も

緑茶にはカチキン以外にも、ビタミンCやE 、カロテンといった抗酸化作用をもつ成分が豊富に含まれています。ただし、これらの成分は、茶歯からの抽出液よりも茶葉そのものに含まれていますので、飲むよりも食べるほうが効果的です。茶葉を細かくすったり砕いたりしてふりかけにしたり、ハンバーグなどに加えてもよいでしょう。もちろん抹茶を用いてもよいですが、粉末タイプの煎茶なども市販されていますので、梯極的に利用してみるのもいいでしょう。ちなみに、緑茶にはおよばないものの、紅茶やウ一口ン茶にも緑茶に準じた効果があります。好みに応じて、いろいろなお茶を楽しみましょう。

緑茶の効能、効果はこちら

高血圧を予防する食品 Leave a comment

2種類のたんぱく質とカルシウムが血圧を抑える「牛乳」

高血圧に有効なたんばく質が豊富

そのまま飲んでもよし、コーヒーや紅茶と混ぜてもよし、料理の風味づけやまろやかさを加える調味料にしてもよしと、私たちの食生活で大活躍の牛乳。「骨を強くする」ことは広く知られていますが、じつはこの牛乳、動脈硬化や高血圧にも大変有効であることをご存知ですか?
牛乳には、「ホエー・たんばく質」と「カゼイン・たんばく質」、2種類のたんばく質が含まれています。これらのたんばく質は血管を丈夫にして動脈硬化を抑制し、血圧上昇を抑える効果が確認されています。またこれらのたんばく質に含まれる含硫アミノ酸は、脳の自律神経に働きかけて交感神経の作用を抑え、血圧を低下させる働きもあります。

吸収のいいカルシウム

もうひとつ、牛乳は重要なカルシウムの補給源でもあります。カルシウムの大部分は骨や歯に蓄えられていますが、血液中のカルシウムが不足してくると、やむをえず骨からカルシウムを調達することになり、骨粗鬆症症などの病気を招きます。
また、塩分を体外に排泄する働きもしてくれます。カルシウムが不足するとナトリウムが体内にたまり、血圧の上昇を促すことになります。カルシウムは、血圧を下げる重要なミネラルなのです。一般的に、カルシウムは吸収されにくいといわれていますが、牛乳にはカルシウムの吸収を助けるたんばく質がたっぷり含まれているため、小魚(30 %)や青菜(20 %)などに比べると40〜50% と効率よく吸収できます。

ヨーグルトにも同様の効果

牛乳を飲むとおなかがゴロゴロするという人には、ゴロゴロのもととなる乳糖をカットした牛乳もたくさん出回っでいますので、ぜひ試してみるといいでしょう。また、エネルギーが気になるという人は低脂肪牛乳にしてみるといいでしょう。ちなみに、牛乳に乳酸菌を加えて発酵させたヨーグルトにも牛乳と同様の効果があります。おなかが弱い人には、こちらがおすすめです。

高血圧を予防する食品 Leave a comment

パルミトオレイン酸が合併症の予防に有効「種実類」

摂りすぎは逆効果になる

ごま、ぎんなん、ナッツなどの種実類の多くは、糖質や脂質が主成分になっています。したがって、食べ過ぎれば当然のことながらエネルギーオーバーになり、高血圧の大敵である肥満を招きかねません。しかし、種実類には動脈硬化を予防する不飽和脂肪酸、あるいはビタミンやミネラルなど高血圧の改善に役立つ成分が豊富に含まれています。
歯ごたえがあって香ばしい種実類は、料理にちょっとしたアクセントをしつつ積極的に活用したいものです。

パルミトオレイン酸に注目が集まる

近年、高血圧や動脈硬化に効果をもたらす成分として注目されているのが、パルミトオレイン酸です。パルミトオレイン酸は種実類全般に含まれている脂質のひとつで、血管壁や心臓、肝臓などを強くする効果があるといわれています。しかも、このパルミトオレイン酸は脳や脳の血管に取り込まれる性質をもった、数少ない栄養素のひとつでもあります。
パルミトオレイン酸は脳の血害を効果的に予防してくれるのです。脳卒中は高血圧からもたらされる恐ろしい合併症のひとつ。パルミトオレイン酸のような脳を守る物質を摂取することは大変有効です。

高血圧におすすめの種実類は…

  • ごま
    コレステロールを減らすリノレン酸、活性酸素を取り除く特有成分のセサミン、ナトリウムの排泄を促すカルシウムが豊富
  • ぎんなん
    ナトリウムの排泄に役立つカリウム、ストレスに対処するビタミンCがたっぷり
  • くり
    カリウム、ビタミンCに富む。でんぷん質に守られているので、ビタミンC は加熱に強い
  • ピーナッツ
    血行をよくしたり、抗酸化作用の強いビタミンEに富む
  • アーモンド
    若返り効果のあるビタミンEが種実類のなかでもっとも多い。食塩の排泄を促すカルシウムも
高血圧を予防する食品 Leave a comment