イライラを解消する活泉水は、血圧上昇によるくも膜下出血を防ぐ

水は、新陳代謝を活発にしてイライラを解消し、血圧が上がるのを防いでくれます。若いうちは血圧を心配する必要はないと思い込んでいる人も多いのですが、実際は20~30代でも血圧の上昇で命の危険にさらされる場合があります。若い人の突然死が増えているのもこうしたことによるものと思われます。

なかでも、激しい頭痛と吐き気を伴うくも膜下出血は、何の前触れもなく起こってそのの突然死、過労死の原因となりやすいものです。くも膜下出血は、脳の血管にできた動脈痛が破れて、脳を保護しているくも膜の下(脳の表面とくも膜の間) に出血するものです。脳卒中とは?はこちら

「かつて、くも膜下出血は先天的な異常によって脳のまわりの血管に動脈癌ができ、そこに圧力がかかってなるものと考えられていました。しかし、最近では血圧が上がると脳血管の弱い所に圧力がかかって動脈癌ができるということがわかっています」

高血圧は、加齢と塩分過多がおもな原因と思い込んでいる人も多いのでが、若い人の場合はストレスによるものが非常に多く、ふだんから忙しくて休む暇がないような人にくも膜下出血が起こりやすいのです。

したがって、働き盛りの世代は疲れを溜め込まないよう心がけることが大切です。水は、疲労軽減にも役立ちます。

「水分摂取によって新陳代謝を活発にし、血圧の上昇を防ぐことができます。そうした意味でも、積極的に水分を摂ることが命を守ることにもなるのです。

水分を摂ると即座に脳へ働きかけて利尿を促し、新陳代謝が活発になる。その結果、体内に溜まった老廃物や疲労物質が素早く排出されます。これによって疲労感やストレスが軽減するため、水分を積極的に摂ることは高血圧や脳出血、くも膜下出血などの予防に役立ちます。

毎日仕事などが忙しく、ストレスが溜まっている人ほど血圧が高くなりやすいので、積極的に水分を摂るようにしていただきたいと思います。

ちなみに摂取する水分は、やはり真水がベストです。緑茶やコーヒー、アルコールなどは利尿作用に優れているので、こうしたものばかり飲んでいると逆に水分不足になってしまいます。その点、真水の利尿作用はそこまで極端なものではないので、ほどよく代謝を活発にしてくれるます。

仕事に追われているときは食事や睡眠さえ不規則になりがちだが、そんなときこそ水分補給で、フル回転している頭や体をクールダウンさせることがとても重要です。

大学の研究で実証された、高アルカリ天然温泉水 桜島 活泉水で体内の毒素を排出
URL:https://mineralwater-guide.net/contents/archives/1879

This entry was posted in 高血圧を予防する食品.