血圧を下げる効果抜群の「発酵黒豆エキス」は血糖値、コレステロール、中性脂肪も下げる万能飲料

高血圧、糖尿病を加速させてしまう内臓脂肪をしっかり燃やす

血圧や血糖値、コレステロール値などは、加齢とともに高くなり、それとともに生活習慣病の原因になります。この傾向に大きく関係しているのが、肥満です。

肥満は、「皮下脂肪型肥満」と「内臓脂肪型肥満」の2つに大別できます。そのうち、生活習慣病の誘因となるのが、内臓脂肪型肥満です。

内臓脂肪型肥満は、食べ過ぎや運動不足により、内臓の周りに脂肪がつき、おなかが出てくるのが特徴です。たとえば、スレンダーでやせ型の晋通体型の人でも、おなかがポッコリと出ていれば、内臓脂肪型肥満の可能性はあります。

内臓の周りに脂肪が蓄積すると、血中脂肪が多くなります。すると、血液がどんどんドロドロになり、心臓が血液を送り出すときの圧力が高くなります。

その圧力で血管が傷つかないように、血管の壁が厚く、硬くなり、動脈硬化が起こります。

動脈硬化になると、さらに強い圧力で血液を送り出さなければならないので、血圧はさらに上昇。こうして、高血圧の負のスパイラルに陥るのです。

また、内臓脂肪が蓄積すると、糖尿病も発症しやすくなりさらには、血中脂質が多くなれば、血管の内側に付着し、血管の幅を狭め、ついには血管をふさぐことがあります。このような血管の詰まりが脳で起これ脳梗塞、心臓で起これば心筋梗塞となり、命にかかわる危機に直結してしまいます。

内臓脂肪をためないためには、食生活を見直したり、生活の中で運動を心取り入れる習慣が必要です。しかし、忙しい現代人が生活習慣を改めるのは、そう簡単ではありません。この点からおすすめなのが「発酵黒豆エキス」です。

黒豆には、内臓脂肪を撃退し、生活習慣病を予防する働きがあります。では、黒豆にはどんな成分が含まれ、どんな働きをするのでしょうか?

黒豆の効果

アントシアニン

アントシアニンは様々ですが、黒豆の皮に含まれるアントシアニンの9割以上は、シアニジン-3 グルコシドというものです。アントシアニンの中でも特に強い抗酸化作用を持っています。

たんぱく質

黒豆に含まれるたんばく質には、体に欠かせない必須アミノ酸がバランスよく含まれています。こうしたアミノ酸には、エネルギー代謝を向上させ、脂肪を燃えやすくする働きがあります。

オリゴ糖

腸内の善玉菌を増やし、腸内の環境を整えて便通を改善するとともに、脂肪や糖分の吸収を抑えます。

ビタミンB群

糖や脂質の代代謝を促進し、脂質を分解してエネルギーに変えます。

リノール酸

血中のコレステロールを減らし、血流を改善し代謝をアップさせます。

イソフラボン

女性ホルモンのような働きをするので、更年期障害や骨租髭症、乳ガンの予防に役立ちます。

このように、黒豆には、内臓脂肪を減らすのに役立つ成分、健康増進にいい成分がぎっしりと詰まっています。その黒豆を、麹菌で発酵させることで、パワーアップさせているのが発酵黒豆エキスなのです。

発酵黒豆ドリンクの使用感と効果(血糖値、血圧、コレステロール)http://k-drink.sblo.jp/

特に注目すべきは、発酵の段階でアミノ酸とクエン酸が豊富に産生されていたことです。

アミノ酸は、発酵により、たんばく質が分解されたために、一般の黒酢の2倍以上のアミノ酸が含まれていました。アミノ酸は、血管や内臓の新陳代謝に不可欠な成分。血流を促進し、体の代謝を向上し、内臓脂肪の解消に役立ちます。

クエン酸は、エネルギーを生み出す化学反応、クエン酸サイクルをスムーズにします。その結果、代謝がアップし、糖や脂質を効率よくエネルギーに変換できるようになります。過剰な内臓脂肪や中性脂肪などが代謝されるため、肥満解消につながります。

発酵黒豆エキスは、内臓脂肪型肥満の解消に最適です。個人差はありますが、多くの人は、飲み始めてから3ヶ月くらいで「ポッコリ出ていたおながベタンコになった」と実感するようです。また、血糖値や血圧、コレステロール値、中性脂肪値が改善したという声も多数寄せられてます。

This entry was posted in 高血圧を予防する食品.