イワシペプチドが血圧を下げる「いわし」

カルシウムが豊富な大衆魚

焼き魚に煮魚、刺身、つみれなど、料理のバリエーションが豊富で値段もお手頃ないわしは、高血圧の予防にも大変役立つ優秀な魚。なんといっても特筆すべきは、ナトリウムの排泄を促して、血圧の上昇を防いでくれるカルシウムが豊富であるということ。
しかも、いわしにはカルシウムの吸収を助けるビタミンDも豊富に含まれていますので、骨粗鬆症や骨、歯の強化にも効果的です。高血圧予防のためだけでなく、私たちの体は加齢に伴っカルシウムが不足しやすくなってきますので、いわしのようなカルシウムに富む食品を積極的にとって老化に負けない体をを作ることが大切です。

いわしペプチドの降圧効果

もうひとつ、カルシウムの豊富さと並んで強調したいのが、れる「いわしペプチド」。いわしペプチドとは、いわしに含まれる特有のたんばく質。イワシペプチドは、血圧に関わるアンジオテンシン変換酵素(ACE) という物質に働きかけることによって血圧の上昇を抑え、血圧をゆるやかに下げてくれるのです。

いわしペプチドは、かつお節から得られる「かつお節オリゴペプチド」や牛乳から得られる「カゼインドデカペプチド」などと並んで、血圧が高めの人に適する成分として、特定保健用食品にも用いられています。食事から摂取するのが理想的ですが、医師と相談のうえ、こうしたイワシペプチド配合のサプリなどから摂取するのもよいかもしれません。

This entry was posted in 高血圧を予防する食品.